『お掃除機能付きエアコンなのにどうしてエアコンクリーニングが必要なの?』

お掃除機能付きエアコンって、

  • エアコンの内部全部をお掃除ロボットが常にきれいにしてくれる
  • エアコンのお掃除は全然しなくてもOK

イメージではないでしょうか?   それって実は大間違いです。   もし、おうちのエアコンがお掃除機能付きエアコンだったらケータイのライト等で吹き出し口を照らしてのぞいてみて下さい。  

お掃除機能付きをエアコンでも内部はこんなことに…

こんな感じで汚れていたらこれ全部カビなんです。 どうしてお掃除機能付きエアコンなのにエアコン内部が汚れるんでしょうか?

それはお掃除機能付きエアコンというのは、フィルターお掃除機能付きエアコンで この「フィルター」を省略して表記されているせいで まるでエアコン内部全体をお掃除してくれるようなイメージを植え付けられているからです。

昔からあるいわゆるノーマルエアコンのフィルターって片手ですっと外して自分で簡単にお掃除できましたよね。

昔のエアコンは簡単にフィルターが取り外せた

お掃除機能付きエアコンはこのフィルターを機械が自動できれいにしてくれるというだけの機能なんです。

ではなぜこれっぽっちの機能なのに電気屋さんはお掃除機能付きエアコンの購入を勧めてくるのでしょうか。

その理由は、

  • いろいろな機能が付いている為、高額な商品を販売できる
  • フィルターの取り外しや内部の構造が複雑なので、不具合が起きた時に呼んでもらえて出張費・修理代をいただける
  • いろいろな機能が付いているからと言ってもエアコン自体の寿命が長いわけではない

というような、メーカーや電気屋さんが儲かるシステムなだけなんです。 この写真はお掃除機能付きエアコンのお掃除機能ユニットを外した写真で、クリーニングのビフォーアフターです。

ユニットの内部。ホコリとカビがびっしりです
ピカピカに!もとは銀色だったんですね

エアコンの中をすみずみまで掃除しているわけではないんですね。

冒頭でも書きましたが、あくまで『フィルター自動お掃除機能』なんです。 なので、年数が経過すればカビ臭くなりますし、実際にカビが繁殖します。

エアコンクリーニングというのは、エアコンを洗浄できる状態に分解して、専門の知識で電装部分を濡らさないようにしっかり養生作業を行い、 エアコン専用の洗剤と高圧洗浄機でエアコン内部のカビやホコリや油汚れをしっかり洗浄除去する技術です。

時には、家の中で見つけるとぞっとする『ゴ』から始まるあの昆虫の卵がエアコンカバーの裏側に産み付けられていることもあります。

そんなの、エアコンのお掃除機能で取れると思いますか、、?? エアコンを買い替える時、参考してみてください。